• トップ /
  • 遺産相続専門の弁護士軍団

遺産相続の弁護士

弁護士を頼むときの選び方

遺産相続問題は弁護士に依頼する

遺産相続に関連した問題が起こる場合は少なくありませんので、そのときには弁護士に解決を依頼すると安心でしょう。たとえば、一般的に預貯金や持ち家などのプラスの財産だけが遺産であればよいのですが、被相続人によっては借金などのマイナスの財産のほうが多い場合もあります。そうなると、3ヶ月以内の時効までに、適切な法律的な手続きをおこなわなければなりません。だからこそ、遺産相続問題が起こったら、法律の専門家である弁護士に依頼すると良いのです。

会社破産を弁護士に依頼する意義

会社には様々な形態がありますが、特に株式会社を例に挙げると、株式会社は株主や債権者といった様々な利害関係人が存在するため、破産させようとしてもなかなか簡単にはいきません。そこで、弁護士等のプロフェッショナルの力を借りることで、利害関係人との法律関係を画一的に処理し、混乱や損失をできるだけ小さく抑えることが出来ます。会社破産は単に会社を潰すというだけでなく、会社を取り巻く様々な事項を踏まえれば、会社単独で会社破産の手続きを実施するのではなく、弁護士等に依頼しなければならないのは、至極当然といえます。

↑PAGE TOP