• トップ /
  • 弁護士についての基礎知識

弁護士費用で依頼の判断

弁護士についての基礎知識

弁護士を頼む費用の相場を知る

弁護士を頼む際にかかる費用は、依頼によって大きく異なります。しかし相場を知っておくことで適切な弁護士を選ぶことが出来るでしょう。離婚調停を弁護士に頼んだ場合、60万円と言われています。内訳としては着手金30万円、報酬金30万円になります。更に経済的利益の10%が追加されると想定しておくと良いでしょう。財産分与、慰謝料、養育費、親権などの有無によって金額が変更する場合があります。交通事故に関して弁護士を頼む場合の費用は、20万円に損害賠償額の10%が追加されます。着手金に関しては無料であることが一般的です。もし着手金が発生しても成功報酬として支払われるスタイルがとられています。途中で解約する場合は違約金が発生することがあるので注意しましょう。相続問題に関して弁護士を頼む場合の費用は、相続の対象となる財産の額の判定によって大きく変動します。大体の相場としては、着手金が10万円から30万円、獲得相続額の10%が報酬金として見積もっておくと良いでしょう。未払いの残業代請求を頼む場合は、着手金無料で獲得残業代の24%を報酬金として支払うのが相場となっています。交渉、労働審判、裁判のパターンによって価格が変動する可能性があるので注意しましょう。刑事事件や

↑PAGE TOP