弁護士を選ぶときの注意点

多くの人は弁護士をいざ頼むときにどの先生を選んだらよいのかで迷ってしまうことが多いです。なぜなら、たいていの人は弁護士に相談するようなことは日常にないからです。そのために、自分もまわりの人も過去に選んだ経験がないので、上手な先生の選び方がなかなかできず、たいていの人は知り合いから紹介された先生に頼むことになったり、たまたま見かけた広告の弁護士を選んだりしてしまいます。しかし、その方法では精神的には安心しますが、最適な選び方はできません。それでは最適な代理人とはどういう先生でしょうか。それは、自分の案件を得意とする先生のことです。弁護士は友達ではなくて法廷や交渉で自分の代わりに相手と戦う代理人です。そのために知り合いからの紹介であろうと勝てなければ意味がないのです。しかも、弁護士には得意分野があります。そこで、一番よい選び方は、インターネットを使って自分の案件を得意とする先生を探しだし、さらに、過去の実績をみて、実績のよい先生を数人選び出すことです。そして、その法律事務所に行って実際に相談してそれから頼むかどうか、その相性から決めます。自分の案件を得意として、実績もあり、その上で自分と相性もよい先生こそが自分の代わりに戦ってくれる代理人にふさわしい先生です。

↑PAGE TOP